若返りメイク

簡単!ikko若返りメイクテクで10才若く|崩れにくくナチュラルに仕上がる「ハンドプレス法」とは?

ikkoさんと言えば、BBクリームを雑誌やテレビで紹介して、日本でのブームの火付け役となった人。
アイメイクやリップメイクなども、テレビで見ていてもビックリするほど若返り効果抜群ですよね?

でも、三十路後半を迎えた私にとっては、あのメイクはちょっと派手になりすぎてしまいそう・・・。
正直、真似するのはハードルが高いかも・・・?と思っていました。

ですが、この前テレビで紹介していたikkoさんのベースメイクテクニックは、私でも簡単にできそう!
しかも、崩れにくくて若く見えるエキスがたっぷり詰まっているので、ぜひ真似してみたいです。

ikko流ベースメイク、塗り方のコツ

「ハンドプレス」という方法はご存知でしょうか?
よく化粧水や乳液をつける時に、ただ塗るだけではなくて、パンパンとたたきこむようにつけた後、
手のひらで顔をつつみこんでなじませる方法です。

こうすると、しっかりと浸透して乾燥が防げるので、あとから塗るメイクの崩れを防ぐことができるそうです。
そればかりでなく、手の刺激がマッサージ効果になって、顔の血行もアップしてくれるとか。

ikkoさんがおススメするのは、ベースメイクもこの「ハンドプレス」を使って塗っていく方法。
こうすると、ナチュラルなツヤ肌に仕上がって、メイクのもちも良くなるそうです。

ハンドプレスでツヤ肌・5ステップ

塗り方は、次のステップで行います。

①リキッドタイプかクリームタイプのファンデーションを、少し多めに手にとります。
②次に、化粧下地や日焼け止めを手にとります。
③手にとったファンデーションと下地などを、両手を擦り合わせて混ぜ合わせます。
④パンパン!とハンドプレスをしながらお顔に叩き込んで、ファンデーションをなじませます。
⑤仕上げに、ルースパウダーをつけて、出来上がりです。

こうすると、とても自然な仕上がりなのに、肌が血色よく、ツヤツヤで、若返って見えるから不思議です!
ポイントは、少しもったいないかな?と思うくらい量を多めに使うこと。

私はこれまでつきムラが気になって断然スポンジ派だったのですが、手のひらでなじませることで、
ちょうど良いつき具合になるんですよね。

それに、スポンジを使うと、肌の油分を取りすぎてしまったり、擦れて刺激にならないか気になっていました。
乾燥やシワが気になる30~40代には、手でつける方法が良さそうですね

忙しい朝の時間の節約

しかも、朝のメイク時間が大幅に短縮されるのもうれしいところ!
これまでは、日焼け止めを塗る → しばらく放置 → 化粧下地を塗る → しばらく放置 → ファンデーション、
というすごく時間のかかるステップでメイクをしていました・・・。

この方法をやってみると、かなりメイクも楽になりました。
手で塗ると、これまで気になっていた頬の毛穴もしっかりカバーできるし、崩れにくいのです。
なかなかお化粧直しをする忙しい女性にとっては、長持ちして崩れないのは嬉しいポイントですね!