若返りメイク

簡単にできる40代の若返りメイクの仕方|ベースとマスカラを変えればグッと若く見える!

ある調査によると、40代の女性が目指す理想のメイクとは「同じ年代の女性と比べて若く見える」ことだそうです。
同窓会など学生時代の友人に合う時、なんとなく比べてしまいますよね?

若い頃は目立たなかったのに、肌もツヤツヤでメイクも映えて「こんなキレイだったかしら?」と思う人もいれば、
顔立ちがきれいで美人だったのに、肌がガサガサで昔の印象と違ってしまう人もいたり・・・。

顔立ちではない!40代素敵メイクのポイント

20代の頃は、キレイに見えるかどうかは「顔立ち」で決まることが大きかったと思います。
ですが、40代~50代になると、お肌のお手入れが行き届いている方、時代にあったメイクを自分流に取り入れている方って、ステキに見えます。

言い換えれば、おしゃれやメイクに気を使ったり、努力をすればキレイに見えるのが40~50代。
ですが、最近テレビで見かける「美魔女」風のメイクや服装には、抵抗がある方も多いのでは?
あくまで、自然体なのに若く見えるようなメイクを目指したいですよね。

簡単に若々しく見せるには、「肌」「目」の2つがポイント。
相手を見た時に、パッと目がいく部分のメイクを変えるだけで、グッと若返ることができますよ!

ベースメイクは色選びが重要!

よく見かける、顔の色より明らかに白いファンデーションを全面に塗ってしまっている方・・・。
肌のカサカサした感じが強調されて、老けて見えますよね。
くすみやシミを目立たなくしようとして、顔と色合わないファンデーションを厚塗りするのはNG。

悲しいことですが、年齢とともに肌は黄色くくすんだ色になってきて、昔とは肌の色が違ってきているはず。
ファンデーションの色は、現在の自分の肌色に合わせて選びましょう。

そのかわり、フェイスパウダーで肌色をコントロールするのが若く見せるポイント。
ピンク~ラベンダー系の色を選ぶと、顔色をあかるく、くすみを目立たなく見せてくれます。
細かい光効果のある粒子が入ったものを使うと、ツヤ肌に見せてくれますよ。

どうしても毛穴が開きがちなので、毛穴を目立たなくさせる塗り方にもポイントがあります。
パフではなくてブラシを使いましょう!

毛穴が気になる頬は、ブラシを顔に垂直にあてて、パウダーを埋めこんでいく感じにのせていきます。
そうすると、仕上がりもキレイで、時間が経っても毛穴が目立ちにくくなりますよ。

マスカラだけで目もとが変わる!

アイシャドウ、アイライナー、目もと用のハイライト・・・
最近はアイメイクのためのアイテムがたくさんありますが、たくさん使いこなすのは難しいもの。
これだけは外せない、という必須アイテムは実は「マスカラ」だけです。

40代の細く寂しくなったまつ毛には、マスカラが最大の見方!
使い方のポイントをご紹介します。

長さや太さよりも、まつ毛の幅を広げることを意識して塗りましょう。
ブラシを横にずらしながら「扇形状」にまつ毛を横に広げていきます。
そうすると、ナチュラルで上品なのに、目もとがくっきりと印象的な大人メイクに仕上がるのです。

ベースメイクとマスカラを変えるだけで、顔の印象はグッと変わりますよ!