若返りメイク

整形なみのはなまるマーケット若返りメイク|大人のメイクにも使える意外なアイテムとは?

「究極の10才若返りメイク術」という特集を、以前放送されていたTBSテレビ番組「はなまるマーケット」でやっていました。
ゲストは、メイクアップアーチストの田村俊人さんです。

番組の中で、実際に若返りメイクを行ったのは40~50代の女性たち。
アラフォーの私にとって「若返りメイク」はとても気になる話題・・・。

ナチュラルメイクと若返りメイクの違い

普段、若々しく見せるためにメイクで気遣っていることと言えば、ナチュラルに仕上げること。
あまり、濃い色を使うと、無理した感じがでてしまって、「若作りメイク」になってしまいます。
シミや毛穴を隠そうと、ファンデーションを濃く塗ってしまうと、崩れやすくなってかえって目立たせてしまいます。

これまでのいろいろ試行錯誤してきた結果、ナチュラルメイクが一番若く見える!と思っていました。
ですが、この番組でやっていたのは、もはや美容整形なみのメイク術!
まるで別人になってしまうほどの若返りメイクなのです。

中でも、私が特に気になったのは、つけ睫毛とファイバーテープを使ったメイク術です。
では、その方法を一部ご紹介したいと思います。

10歳若返る「ファイバーテープ」を使ったアイメイク

ファイバーテープってご存知でしょうか?
肌に張る目立ちにくいテープで、若い女性の間では手軽に二重になれるアイテムとして人気なんだとか。

昔から「アイプチ」など、自分で二重まぶたを作れるアイテムがありましたよね?
ですが、私はもともと二重なのでこうしたアイテムには、全く興味はありませんでした。

ですが、よくよく考えてみると、20代の頃に比べるとまぶたはハリがなくなって垂れてくるので、
二重だった方も奥二重になったり、あまりぱっちりしていない二重になったりすることがありますよね・・・。
そこで、このファイバーテープが効果を発揮するのです!

使い方は意外と簡単で、二重のラインにそってファイバーテープを重ねて、はさみで切るだけ。
ファンデーションを塗っているとテープがつきにくいので、きちんと落としておくこともポイントです。

そうすると、くっきりパッチリとした二重に早変わりするのです!
間違いなく、これだけで10歳は若返った印象になると思います。

ただ目元の肌は弱いので、肌へのダメージが少ないとはいえ毎日やるのはちょっと不安・・・。
同窓会や結婚式など、ここぞ!と気合を入れたときには試してみたいなと思いました。

10歳若返るつけまつげを使ったアイメイク

つけ睫毛って使ったことはありますか?
私は、古い感覚かもしれませんが、若い子やキャバクラのイメージがあって一度も使ったことがありませんでした。
ですが、大人の女性でも、タイプをきちんと選べば使うことができるんですね。

40代以上の女性が使いやすいのは、繊維の一本一本が細くて、束になっていないもの。
こうしたものを選べば大人の女性でも大丈夫だそうです。

最近まつ毛が少なくなってきた気がして、マスカラをしっかりつけているのですが、ビューら―を使ったりしていると
傷んでまつ毛が減ってきてしまうかもしれませんよね・・・。

もっと少なってくると、やっぱりつけ睫毛の助けが必要かもしれませんね?
目元全部に使うのは上手く使えるか不安ですが、まずは、目尻だけで試してみたいメイク術です!