若返りメイク

働く女性におすすめ30代の若返りメイクとは?|若い子メイクから取り入れるべきグロスと太眉

ある調査によると、30代の女性が目指す理想のメイクとは「自分より若い子と比べて見劣りしないこと」。
これが40代になると、「同じ年代の女性と比べて若く見える」ことに変わってくるそうです。
比較する対象が、30代では「若い子」、40代では「同年代」と変わってくるのが興味深いなあと感じました。

アレンジが必要な30代のメイク

考えてみると、私も会社勤めをしていた頃、30才を超えるともうベテラン(お局?)の域でした。
同年代の女性は少なくて、まわりはどんどん新しく入ってくる20代の若い子ばかり。

若い子と一緒に仕事をしているせいか、同年代の友達にはいつも「若い!」と言われるのですが、
やはり、若い子達の中にいると、自分の肌のツヤやハリのなさとかいつも感じてしまうんですよね・・・。
メイクで、なんとか20代の子の中でも浮かないようにしたい!という気持ちがいつもありました。

ただ、若い子のメイクをそのまま真似するのはムリ!
似合わないどころか、単なる若づくりのオバサンになってしまいます。

30代の女性は、仕事ができる大人の女性の雰囲気を出しながら、若々しく見せるのが理想ですよね?
そのためには、若い子の今どきのメイクを部分的に取り入れながら、自分流にアレンジするのがベストです。
では、私が取り入れていた若い子メイクと、そのアレンジについてご紹介したいと思います。

リップメイク

私たちが若い頃は口紅が全盛の時代、口角までくっきりペンシルで枠どりしてから塗ったりしていましたよね?
今どきの若い子たちはリップやグロスで仕上げるのが主流。
口紅を使っていない人がほとんどかもしれません。

ですが、グロスは30代女性にとっては若く見せてくれる重要なアイテムなのです!
年齢を重ねると、唇は乾燥しやすくなったり、ボリュームがなくなってしぼんだりしてきますよね・・・。

リップクリームでたっぷり保湿した後に、グロスを唇のラインからややはみ出し気味に塗ります。
そうすると、ツヤとハリのある若々しいぽってり唇に見せることができます。

大人の女性が気をつけたいのは、色の選び方。
色が強すぎたり、ラメが多くてキラキラしすぎるのは、品がなく若づくりっぽい仕上がりになってしまいます。

ベージュベースのピンク系、もしくはオレンジ系で、血色を良く見せてくれる色を選びましょう。
ラメは、細かく入っていて、ほど良い光効果のあるものが使いやすいです。
色はうすくてナチュラルなのに、唇のくすみやシワを目立たなくしてくれる効果がありますよ。

眉メイク

若い子メイクで、30代女性がぜひ取り入れたいのが、パウダーとマスカラで仕上がる眉メイク。
私たちの若い頃に流行っていた、細眉+ペンシルライナーはもはや時代遅れとなってしまいましたね。

ですが、ふんわり自然な今どきの太眉メイクは、30代の女性にこそ似合うのではないかと思います。
カンタンに、知的かつ柔らかさのある「できる女風」の印象を与えることができるのです!

色は、地眉よりもやや明るめを選ぶのがポイント。
眉毛の足りない部分を埋めるようにパウダーで補正した後、眉マスカラで色をつけていきます。
こうすると、目もとにインパクトが出て顔全体がひきしまるのです。

反対に、アイメイクは若い子を真似して頑張りすぎると失敗しやすいです。
30代の働く女性には、引き算メイクがおすすめです。
この2つのポイントをおさえれば、今どきの雰囲気を出しながら、若々しい大人の女性になれますよ!